サインバルタと不眠の関係

サインバルタは、抗うつ剤の薬として効果があり、副作用が少ない薬として注目されている薬です。
しかしながら、副作用が全くないという訳ではなく、サインバルタを服用すると不眠になるケースが多いのです。
では、なぜサインバルタを服用すると、不眠になってしまうのか、サインバルタと不眠の関係について紹介します。

なぜサインバルタを服用すると不眠になるのか?

サインバルタには、セロトニン、ノルアドレナリンといった脳内物質を増やす働きがあります。
脳内物質が増える事で、不安が解消され、意欲ややる気がアップし、うつ病の症状が改善する訳です。
しかし、この脳内物質は睡眠にも深く関係しています。
脳内物質には、睡眠に働く物質と、覚醒に働く物質があり、セロトニンもノルアドレナリンもどちらも覚醒に働く物質です。
脳内で覚醒に働く脳内物質が増えてしまう事で、眠りが浅くなったり、眠気が訪れずに不眠になってしまいます。
しかし、サインバルタの場合は、セロトニンとノルアドレナリンの双方に効果がある薬です。
そのため、どちらか片方だけに効果がある抗うつ剤と比較すると、眠りの質自体はそれほど悪くはありません。
それは、セロトニンとノルアドレナリンが帳尻合わせをしてくれるからです。
なので、睡眠時間は短くなりますが、睡眠の質はキチンと保たれているので、それほど不眠を気にする必要はありません。

サインバルタの不眠の対処法

では、サインバルタを服用し、不眠になってしまった場合に、どのような対処法をするのが正しいのでしょうか?
薬には耐性があり、服用を続けるうちに、身体がある程度慣れてしまいます。
そのため1〜2週間程度様子を見て下さい。徐々に慣れてくると眠れるようになってきます。
また日常生活を改善し、眠りやすい環境を整える事も重要です。
例えば、体内時計を整えるために、毎日同じ時間にベッドに入り、同じ時間に起床するようにして下さい。
そして寝る前に身体を温めると眠くなるので、寝る1時間ぐらい前に入浴し、その後ストレッチなどを行うと効果的です。
寝る直前までパソコンやスマホを見ていませんか?
明るい光を浴びていると、身体が眠気を感じにくくなるので、少し部屋の照明を落として、リラックス出来る状態で穏やかな音楽を聞くと眠りやすくなると言われています。

関連する記事