サインバルタの副作用と対処法

サインバルタは他の抗うつ剤と比べると、効果が高く副作用が少ないために、多くの医師が処方している薬です。
世界では抗うつ剤の薬としてナンバーワンの売上を誇っています。
そんな副作用の少ないサインバルタですが、副作用が全くないという訳ではありません。
では、どのような副作用があるのか紹介します。

サインバルタの副作用について

サインバルタは、セロトニンとノルアドレナリンの双方に働き調整を行うため、副作用はほとんどありません。
しかし、脳内物質であるセロトニンとノルアドレナリンが増える事で、過剰に働いてしまうと副作用が現れます。
まずセロトニンの副作用は、吐き気や下痢などの症状が現れます。
そして、セロトニンはうつ病の症状を改善させて、精神的な安定をもたらしますが、同時に性的な興奮を感じにくくなるケースがあります。そして、脳内物質が増える事で脳が覚醒してしまい、不眠症状が現れやすくなります。
では次に、サインバルタの副作用の対処法を紹介します。

サインバルタの副作用の対処法

副作用への対処法としては、まず1〜2週間程度は、様子を見て下さい。
なぜかというと、身体が薬に慣れて、副作用の症状が現れなくなる可能性があるからです。
しかし、様子を見ても副作用の症状が改善されず、日常生活に支障が出る状態であれば、対策を行います。
対策は3つあり、薬の量を減らす事、他の抗うつ剤の薬に変える事、副作用を和らげる薬を服用する事です。
ただし、薬の量を減らす事で、サインバルタの効果も減ってしまいます。
そして体質的に他の抗うつ剤の方が合うという場合もありますが、サインバルタよりも副作用が少ない抗うつ剤は存在していません。そして副作用を和らげる薬を服用する場合は、薬の飲み合わせなどの問題もあるので、必ず医師と相談して服用する薬を決めるようにして下さい。

関連する記事