サインバルタの薬の特徴について

サインバルタという薬を知らない人が多いかもしれません。
サインバルタとは、日本では2010年に発売されたばかりの、また新しい薬だからです。
抗うつ剤で、セロトニンとノルアドレナリンの効果が備わっているのでSNRIに該当します。
では、どんな薬なのか、特徴を紹介します。

サインバルタとはどんな薬なのか?

サインバルタは、抗うつ剤で、セロトニンとノルアドレナリンの両方に効果がある薬・SNRIとして注目されています。
セロトニンに効果があると、憂鬱や不安などの症状が改善されます。
そしてノルアドレナリンに効果があると、意欲低下や気力の低下といった症状が改善されます。
どちらか片方だけにしか効果がない抗うつ剤では、心の病気が治った事にはなりません。
なので、両方同時に効果があるサインバルタは、世界で一番処方されている効果がある抗うつ剤だと言えるでしょう。
心療内科はもちろん、精神科、内科、整形外科などでも処方されている薬です。

三環系抗うつ剤との比較

サインバルタは、2010年に発売されたばかりの新しい薬です。
そのため、サインバルタを処方する前は、三環系抗うつ剤が処方されていました。
しかし、三環系の抗うつ剤とサインバルタを比較すると、サインバルタの方が改善率が高く、副作用が少ないのが特徴です。
また、不安を解消し、やる気が出るだけでなく、心因性の痛みを抑える効果も備わっています。
うつ病に痛みは関係ないと思う人も多いかもしれません。
しかし、実際にはうつ病患者の6割は、何らかの痛みを訴えていると言われています。
そして痛みが強いほど、うつ病の改善が遅れるというデータもあるので、抗うつ剤で痛みが抑えられるという事は、それだけ早くうつ病の症状が改善される事を意味しています。

関連する記事