サインバルタが処方される疾患と効果が現れる期間

サインバルタは、日本では2010年に発売されたばかりの薬ですが、効果が高く、副作用が少ないという点から、多くの人に処方されている薬でもあります。
ではサインバルタは、どのような疾患の人に処方される薬なのか、紹介します。

サインバルタが処方される疾患

サインバルタは抗うつ剤ですから、当然うつ病やうつ状態の患者に処方される事が最も多いと言えるでしょう。
従来の抗うつ剤では効果がなかった患者でも、効果が改善するケースが少なくありません。
また抗うつ剤として配合されているセロトニンには、不安を改善させる効果があります。
そのためパニック障害や不安障害など、不安を伴う精神病の疾患にも、サインバルタは処方されるケースもあります。
また抗うつ剤として、不安を改善させる、意欲ややる気をアップさせる効果に加えて、心因性の痛みを抑える効果もあります。
そのため、心因性の痛みが発生する疾患、糖尿病性神経障害や線維筋痛症に伴う疼痛で処方される場合もあります。
その他、内科や整形外科で診察を受けて、痛みの原因が分からない痛みに対しても、サインバルタが処方されています。

サインバルタは効果が現れるのが早い

また抗うつ剤の中でもサインバルタが処方される理由は、効果が現れるのが早いためです。
通常の抗うつ剤の場合は、効果が出るまでに2週間から1ヶ月程度の期間がかかってしまいます。
しかし、うつ病の症状などは、時間が経過すればするほど、症状は悪化してしまう傾向があります。
そのため、早く症状を改善させるに越した事はありません。
その点、サインバルタの場合は、1週間程度で効果が現れます。
なので、抗うつ剤の新しい薬として、サインバルタが注目されている訳です。

関連する記事